リュドミーラ・プルゥーシニク上級専任講師からのメッセージ(和訳:森松皓子)

 まず初めに、太田市市長・清水聖義様、太田市教育長・岡田孝夫様、太田国際音楽セミナー実行委員長・岩下利男様、事務局長・栗山貴美子様の各氏ならびに、実行委員の先生がた、ご協力者の皆さまがた、音楽を愛する太田市市民のかたがたに、太田国際音楽セミナーに講師として招いていただいたことを心からお礼申し上げます。

それに加えて、過去4回このセミナーの講師を務めました、私のかけがえのない先生で、今年4月(24日)に急逝されましたロシア功労芸術家イーゴリ・ニコノーヴィッチ教授追悼コンサートにも参加させていただく栄誉に浴することができ、衷心より感謝しております。

 恩師イーゴリ・ニコノーヴィッチ教授の思い出を書いたり、語ったりすることは非常に辛いことです。
いまだこのように鮮明に先生のお声の調子や、先生のソロ・コンサート、学生たちとのレッスン風景が、耳元に響いてくるからです。

 1962年より50年間にわたってニコノーヴィッチ教授は、演奏活動と併行して、国立グネーシン記念教育音楽大学、現在のグネーシン記念ロシア音楽アカデミーで、教鞭を執ってきました。

 私も幸いなことに、ニコノーヴィッチ教授の伴奏技法のクラスで学ぶことができました。

 ニコノ−ヴィッチ教授は、常に活発なコンサート活動を展開し、極めて多種類のレパートリーを準備なさいました。
しかしこれが学生たちとのレッスンに悪影響を及ぼすことは決してありませんでした。

それぞれの生徒への接し方は、愛情がこもり、配慮に満たものでした。
しかし自分の今の状況に照らしてみると、重要なコンサート出演が控えているときに、学生のレッスンをしなければならないこと、これがいかに大変であったかが分かります。

 私の前で、ニコノーヴィッチ教授はいつもソロ・コンサートのプログラムを演奏してくださいました。

また先生がピアノ以外の作品分野に深い芸術的関心を示しつつ、レッスンをなさったことは驚異的でした。
ピアノ作品は言うまでもなく、室内楽曲、声楽曲、交響曲についてのその博識ぶりは絶大でした。
いつも、どういった録音(CD)を聞くべきかを助言なさいました。

 要求度は高いものでしたが、デリケートさをこめた注意のしかた、生徒に勉学意欲をそこなわせないようにという絶えざる配慮のもとで、この変わることのない高度な要求度が絶妙に隠されていたことは、驚くべきことでした。

 ニコノーヴィッチ教授は、自分の生徒たちを<上から目線>で見ることはありませんでした。
先生はまず、生徒たちにとっての年長の先輩でした。
いつも学生たちの成功に心底、熱烈に喜んでくださって、学生たちのその後の人生がうまくいくようにと絶えず心から願ってくださいました。

 もちろん、忘れられない印象として残っているのはニコノーヴィッチ教授のコンサートです。
先生の演奏に特有なのは、演奏の意図と音楽的背景のもつ瞬時の統一性、それと同時に音楽のなかの最も細やかな線条細工の磨き上げでした。

 先生の様々な作曲家の演奏は、無比に磨き上げられた芸術的センスにあふれ、演奏家は作曲家の意図する枠をこえないようにという限度をわきまえたなかで、音楽は聴き手に届けられました。
それでも、全ては自然で、調和のとれた演奏に聞こえました。

 先生は生涯にわたって、たくさんの作品を愛し、演奏されました。
先生の解釈で、シューマン、ショパン、リスト、リャドフ、メトネル、ラフマニノフ、それにもちろんスクリャービンを聴くことができました。

 リストの《ダンテを読んで−文学ソナタ風幻想曲》と、《ソナタ・ロ短調》、シューマンのソナタ類、ショパンの多数の作品の演奏が思い出されます。
先生はショパンの《ソナタ・変ロ短調》を非常に愛し、多数回演奏しました。
どういうわけか今でも葬送行進曲よりの第二楽節が耳元に響きます。
先生の演奏の驚くほどの透明感と、どうしようもない状況のなかでも抱く希望・・・。

 私の記憶に残っているスクリャービンの作品のレパートリーの多様さを数え上げることは不可能です。

 先生は音楽の放つ感情のスペクトルを、惜しむことなく聴衆と共有し、それは多面的でした、すなわち、興奮、苦しみ、悲しみ、優しさ、喜び、憤激、絶望、幸せ――この全てと、これらの他にも多くを、演奏の瞬間、瞬間に、聴き手に到達させることができました。

 博識、善良さ、誠実さ、人性愛、仕事への献身的な忠誠心、音楽への熱烈な愛――これらを惜しげもなく周囲の者たちに分け与え、またコンサートではこういった先生の人間的特質が反映されました。
先生から受けついだ感性の多くは、教え子たちの演奏のなかにも、十分に聞き取ることが出来ます。

 時を経て私も、グネーシン音楽アカデミー特別ピアノ音楽講座で、ブラートヴァ教授(ゲンリッヒ・ネイガウスの直弟子)のアシスタントとして仕事をするようになりました。

 ニコノーヴィッチ教授は、長期海外出張の際には、ご自分のクラスを私に委ねてくださったこともありました。

 ニコノーヴィッチ教授の下で学んだ門弟たちは、今でも互いに親しい交友関係を保っています。

 弟子たちのほとんどが、4月27日の先生の葬儀に駆けつけました。
私たち先生の教え子たちは、涙を流しながら立ちつくしました。
すばらしい師、音楽家を失ったというだけではなく、尊敬する友を失ってしまいました。

 しかし、地球の彼方の日本でも、イーゴリ・ニコノーヴィッチ教授のことを大切に思ってくださった方々がいらっしゃったのですね。
葬儀にはたくさんの電報までいただきました。

 心から感謝申し上げます!

                      リュドミーラ・プルゥーシニク

事務局
お問い合わせ・御意見・御感想は下記事務局まで・・。
太田国際音楽セミナー事務局 〒373-0851 群馬県太田市飯田町1268
TEL・FAX 0276-46-0297
新アドレスhttp://piano-seminer.art.coocan.jp
主 催・共 催
主 催:太田国際音楽セミナー実行委員会 共 催
太田市・太田市教育委員会
一般財団法人
太田市文化スポーツ振興財団
後 援
群馬県 群馬県教育委員会 関東学園大学 太田クラフィーア研究会 太田音楽家協会 朝日新聞前橋総局 毎日新聞前橋支局
産経新聞前橋支局 東京新聞前橋支局 読売新聞前橋支局 上毛新聞社 群馬よみうり 桐生タイムス社 両毛新聞社
群馬テレビ FM太郎 群馬ケーブル
メディア(株)
太田局
FMぐんま 渇ヘ合楽器製作所 ピアノプラザ群馬 蒲髢リ楽器
わたらせケーブル
テレビ
武藤ピアノクリニック
協 賛
東京ミュージック&メディアアーツ尚美同窓会群馬同窓会
財団法人 太田市文化スポーツ振興財団(委託事業)