特別講師プロフィール
イーゴリ・ウラディーミロヴィッチ・ニコノーヴィッチ
(グネーシン音楽大学教授:現グネーシン記念音楽アカデミー教授)

1935年、ウズベキスタンのタシケントに生まれる。
タシケント音楽院付属音楽学院の、M・ポリャンスカヤのクラスで音楽を学び始める。

1949年、モスクワ音楽院付属中央音楽学校に入学、E・ニコラーエヴァのもとで学ぶ。
引き続きモスクワ音楽院で勉学を継続し、高名な教授ゲンリッヒ・グスターヴォヴィッチ・ネイガウスのもとで、さらなる研鑽を積む。

そのほか、ソヴィエトの大ピアニスト:ウラディーミル・ソフロニッツキーとの親交を重ね、大ピアニストより、イーゴリ・ニコノーヴィッチ教授は多大な音楽的影響を受ける。

1956年から1960年にかけて、モスクワのスクリャービン博物館の研究員として活躍する。

1960年より、活発なコンサート活動を開始する。
訪ねた都市は、旧ソ連邦の諸都市は言うに及ばず、ドイツ、イタリア、インド、中国の各地に及ぶ。

1963年より、グネーシン音楽大学(現:グネーシン記念音楽アカデミー)で、教授活動に従事し始め、現在に至る。

多数の録音を行い、CDはロシア国内はもとより、イギリス、アメリカ、日本でもリリースされ、そのうちの3枚は、日本のレーベル:DENON(コロンビア)より出されたものである。

1999年、盛岡で行われた国際音楽祭の審査員として招聘される。

2000年、群馬県太田市の太田国際音楽セミナー・ピアノ部門に講師として招聘され、他の講師陣と共にジョイント・コンサートも行う。

2002年から2003年にかけて、2度にわたり韓国・ソウルの音楽院で指導にあたる。

2006年から2007年にかけては、中国・南京等の大学で教える。


イーゴリ・ニコノーヴィッチ教授のピアニストとしてのレパートリーは、スクリャーピン、メトネルさらには、ヨーロッパのロマン派作曲家:リスト、ショパンの作品にも及ぶ。

現在、ゲンリッヒ・グスターヴォヴィッチ・ネイガウスならびに、ウラディーミル・ソフロニッツキーの貴重な写真遺産の刊行のために力を注いでいる。

2008年にモスクワの音楽専門出版社「クラーシカー21」によって出版され、好評を博している書物「回想ソフロニッツキー」(総ページ数:421P)をアレクサンドル・セラフィーモヴィッチ・スクリャービンと共に編纂し、自身もその中で100ページにわたって建筆をふるっている。
事務局
お問い合わせ・御意見・御感想は下記事務局まで・・。
太田国際音楽セミナー事務局 〒373-0851 群馬県太田市飯田町1268
TEL・FAX 0276-46-0297
新アドレスhttp://piano-seminer.art.coocan.jp
主 催・共 催
主 催:太田国際音楽セミナー実行委員会 共 催
太田市・太田市教育委員会
一般財団法人
太田市文化スポーツ振興財団
後 援
群馬県 群馬県教育委員会 関東学園大学 太田クラフィーア研究会 太田音楽家協会 朝日新聞前橋総局 毎日新聞前橋支局
産経新聞前橋支局 東京新聞前橋支局 読売新聞東京本社
前橋支局
上毛新聞社 群馬よみうり 桐生タイムス社 両毛新聞社
群馬テレビ FM太郎 群馬ケーブル
メディア(株)
太田局
FMぐんま 渇ヘ合楽器製作所 ピアノプラザ群馬 蒲髢リ楽器
わたらせケーブル
テレビ
武藤ピアノクリニック
協 賛
東京ミュージック&メディアアーツ尚美同窓会群馬同窓会
財団法人 太田市文化スポーツ振興財団(委託事業)

太田国際音楽セミナー