イーゴリ・レベデフ教授プロフィール
イーゴリ・レベデフ教授:プロフィール

イーゴリ・レベデフ
(サンクト−ペテルブルグ音楽院教授)

1950年レニングラード(現サンクトペテルブルグ)に生まれる。

8歳よりピアノを学び始め、一年後には既にソリストとしてハイドンの<ニ長調協奏曲>を演奏する。

リムスキー・コルサコフ記念国立音楽大学(付属音楽学校を卒業後、国内で最も古い音楽専門家養成校・レニングラード音楽院=現サンクトペテルブルク音楽院)に入学。

学生時代、及びそれに続く研修助手時代には、ソヴィエト人民芸術家セレブリャコフ教授のもとで学ぶ。

1977年以降、音楽院で教鞭を執りつつピアノ学科講座主任、ピアノ学・学部長、教授法技能向上学・学部長等を歴任する。

教え子達の多くが様々な国際コンクールの入賞者・優勝者となる。

その数は約40人に上る。

ピアニスト・レベデフとしては、活発に演奏旅行を行なっている。

彼の演奏はロシアの聴き手のみならず、諸外国(チェコ、ドイツ、イタリア、英国、ポルトガル、オランダ、ブルガリア、トルコ、韓国、アメリカ)の聴衆に良く知られている。

録音にはベートーベン、リスト、ショパン、アントン・ルビンシュタインの作品がある。

一度ならず、全ロシア・コンクール並びに、国際コンクールの審査員長あるいは審査員として参加。

常時、ロシアのみならず外国でマスター・クラスや公開講座を行なっており、ロシア高等音楽学校の国家資格授与委員会の座長を務める。

ロシア功労芸術家であって、特別ピアノ教室の教授であるレベテフ教授は、現在教育養成講座の第一副学長である。

事務局
お問い合わせ・御意見・御感想は下記事務局まで・・。
太田国際音楽セミナー事務局 〒373-0851 群馬県太田市飯田町1268
TEL・FAX 0276-46-0297
新アドレスhttp://piano-seminer.art.coocan.jp
主 催・共 催
主 催:太田国際音楽セミナー実行委員会 共 催
太田市・太田市教育委員会
一般財団法人
太田市文化スポーツ振興財団
後 援
群馬県 群馬県教育委員会 関東学園大学 太田クラフィーア研究会 太田音楽家協会 朝日新聞前橋総局 毎日新聞前橋支局
産経新聞前橋支局 東京新聞前橋支局 読売新聞東京本社
前橋支局
上毛新聞社 群馬よみうり 桐生タイムス社 両毛新聞社
群馬テレビ FM太郎 群馬ケーブル
メディア(株)
太田局
FMぐんま 渇ヘ合楽器製作所 ピアノプラザ群馬 蒲髢リ楽器
わたらせケーブル
テレビ
武藤ピアノクリニック
協 賛
東京ミュージック&メディアアーツ尚美同窓会群馬同窓会
財団法人 太田市文化スポーツ振興財団(委託事業)